オオキノボリイグチ
2008/9/23 静岡県小山町・富士山東麓
 カサの直径8センチほどの大きさで迫力満点の模様だったが、実に悔しいことに管孔がすでに流れた老菌だった。普通の種類のきのこなら撮影を諦めるところだが、これはカサの模様だけでも十分に撮影価値がある。
 「ドコモダケ」を始めきのこキャラのモデルはきっと本種に違いない。どういうわけでこんな模様が現れるのかとても不思議だ。キノボリイグチ(イグチ科)とは近縁ではなくオニイグチ科に分類される。