オオミノミミブサタケ
2007/8/11 静岡県富士宮市・富士山南麓
 ミミブサタケに別種があることを知らなかった。幼菌を撮影しながら小さくて肉に厚みがないなど、今まで見たミミブサタケとは印象が違っていた。サンプルを検鏡していただいた結果、胞子の大きさが倍近くもあり両端が突出しているのが特徴で、本種と同定された。
 成菌になると上の写真のように全体が紫色を帯びた暗紫褐色になり、外側の面に細かなシワをあらわす。触れると「シュッ」と音を出して白い胞子を噴き上げた。
2007/8/11
富士山南麓
2009/8/8
富士山南麓
2009/8/22
富士山南麓