オオミヤマトンビマイ
2007/8/11 静岡県富士宮市・富士山南麓
 ミズナラの巨木を取り囲むようにいくつもの株になって生えていた。やや赤味のある肉厚のカサは、時に幅20センチ以上にもなる。外見のよく似たミヤマトンビマイは針葉樹に生えることで区別できる。
 ※これに出会ったことで今まで「オオミヤマトンビマイ」として掲載していたものが、実は最初の印象通り「トンビマイタケ」だったことが分かった。カサの厚みや表面の質感、色ともずいぶん印象が異なる。
2007/8/11
富士山南麓