オオササタケ
2009/8/15 山梨県富士河口湖町・富士五湖
 やはりこれはオオササタケでよさそうだ。ササタケ属のきのこをあまり多く見ていないので、見つけた時はよく分からなかった。ただ、こんなにヒダが直線状できれいに広がるのは、この仲間によく見られる特徴だ。
 直径がおよそ7センチもあり、普通に見るササタケよりかなり大きい。カサの表面の鱗片や柄の様子から、図鑑を頼りに本種とした。ヒダがKOHで青変するので見分けは容易・・・なのだそうだ。
2009/8/15
富士五湖