オオシワカラカサタケ
2009/9/22 長野県小海町・松原湖周辺
 ずっと見たいと思っていたきのこだけにもっとダイナミックな写真が撮りたかったが、力及ばず生えていた場所が良くなかったせいにしておく。鮮やかな色や粉っぽい表面の様子から、コガネタケのような印象を持った。
 ヒダは真っ白で密に並び、カサの表面は細かな粒点が放射状に広がる。長い網目状のシワも放射状に並び、柄のツバから下も同じようになる。