オオウラベニイロガワリ
2007/7/8 長野県小海町・松原湖付近
 アメリカウラベニイロガワリと酷似している。かつてはオオウラベニイロガワリという名前で2種が混同されていたが、アメリカで見つかった種類が日本にもあることが分かり「アメリカ・・・」の名前で分けられたという。
 見分けるポイントは微妙で、ルーペで柄の上部をみると本種では下のように赤い粒点が縦に並び、時に網目模様になる。「アメリカ・・・」では一見網目に見えてもルーペで見ると粒点は一様に付いていることが分かる。
 図鑑によると本種の特徴として、柄の下部が太くなることを挙げている。
2007/9/16
高麗山