オオウロコタケ
2011/3/27 奈良県奈良市・春日山原始林
 南方系のきのこなので関東では一度も見ることがなかったが、奈良の春日山では大きな倒木に多数群生する様子を見ることができる。名前の通り大きなウロコタケで、カサの厚みは1〜2ミリしかないがしっかりした頑丈なきのこだ。
 表面には目の細かい環紋が広がり、下面は白く平滑で特徴的なものは見えない。
2011/3/27
奈良春日山