オオワライタケ
2008/9/11 青森県十和田市・蔦の七沼
 遠くから目に飛び込む大きさと色、そしてみごとな群生。美味しいヌメリスギタケモドキに似ているので、駆け寄ってよく見るとカサに鱗片がない。すこしかじってみると強烈に苦い。毒きのこのオオワライタケだと、まさしく「大笑い」となるきのこだ。
 毒といっても神経に作用するもので、幻覚・幻聴があったり酔っ払ったように騒乱になる中毒で、死ぬようなことにはならないらしい。フウセンタケ科の大型きのこで広葉樹の切り株などによく生える。
 「オオ」の付かない「ワライタケ」という種は同じ幻覚毒を持つヒカゲタケ属の小型菌で、馬糞などに生えてまったく外見が異なる。
2002/6/8
富士山東麓
2006/6/11
富士山南麓
2008/9/1
青森十和田
2008/9/7
富士山南麓
2010/5/22
富士山南麓
2010/6/19
富士山南麓
2015/10/4
奈良橿原宮
2018/10/21
大和民俗園