オオザラミノシメジ
2011/10/16 奈良県御所市・大和葛城山
 見付けた時は種名が分からず、ちょっと大きすぎるがエセオリミキではないかと思った。しかし、その後本種らしいことが分かった。カサの直径は6〜8センチで中央部が濃色の灰褐色。中央部分が少し盛り上がり放射状のシワがあるのは、コザラミノシメジに似た特徴だ。
 ブナの樹下、落ち葉が堆積した所に数本生えていた。やや埃っぽいニオイがした。
2011/10/16
大和葛城山