オトヒメアンズタケ
2007/6/17 神奈川県平塚市・高麗山
 初めに色褪せたものを見つけたのでてっきりベニタケ属の1種だと思ってしまった。ヒダが長く柄に垂生することや、ヒダの間に強い脈連絡があることでやっとアンズタケの仲間だと分かったが、こんなに赤い色のアンズタケは図鑑にもネット上にも見当たらなかった。
 翌2008年になってやっと本種の存在を知り、本種かまたは極めて近い種類だろうと分かった。学名を検索するとかなり黒っぽいカサの写真が出てくるが、紫色の系統であることには違いないようだ。
 古くなったものはニオイが弱いが、アンズタケと同様の果実臭がある。
 
2008/11/9
高麗山
2009/11/15
高麗山
2010/6/20
高麗山