オツネンタケモドキ
2005/11/5 静岡県富士宮市・富士山南麓
 ブナの倒木などに群生しているのを見つけるととても期待してしまうが、肉は強靭で食用にはならない。オツネンとは「越年」のことで晩秋に生えたものが真冬まで残ることがあるので付けられたのだろう。
 カサは平開またはじょうご状になり、周縁部は大きく波打つことが多い。管孔は真っ白で肉眼では見えないほど細かい。
 幼菌はとても同種とは思えないほど、均整のとれた姿になることがあり、なかなか美しい被写体になってくれる。
2003/3/15
富士山東麓
2004/2/15
道志みち
2005/11/5
富士山南麓
2006/4/19
富士山南麓
2008/11/29
富士山南麓
2009/9/27
富士山南麓
2009/10/24
富士山南麓
2010/11/27
富士山南麓