サケツバタケ
2006/5/27 山梨県富士吉田市・富士山北麓
 通常に野山に生えるものに比べると、ウッドチップに生えるものは大きくいかめしい姿になるようだ。名前の「サケツバ」は見ての通りツバが裂けているからだが、ずっと内被膜がカサから離れる時に裂けるのだとばかり思っていた。よく見ると内被膜より下側で柄から離れる時に裂けている。ヒダを覆う内被膜が長く下方に伸びて柄の表面も覆っている。その部分がとても肉厚なため、柄が太くなるにつれて裂けてしまうようだ。
 食用になるきのこでボリュームもあるのだが、味についてはかなり好みが分かれるようだ。
2003/7/12
富士山北麓
2004/6/12
富士山北麓
2005/7/2
富士山北麓
2006/4/22
湯河原幕山
2006/5/27
富士山北麓
2007/4/29
富士山南麓