サマツモドキ
2009/8/22 静岡県富士宮市・富士山南麓
 この赤紫色とヒダの濃い黄色は、何かを連想させる配色だ。そう、サツマイモにそっくりである。そのため、名前はてっきり「薩摩もどき」だと思い込んでいた。「サマツ」とは春に出るマツタケをさす場合と、マツタケに似た別種をさす説とがある。
 美味しそうなきのこだが、人によって軽い中毒を起こすらしい。これはウラジロモミの立ち枯れに生えていた。普通はアカマツの多い林の、散策路や足場を組んだ階段状の所によく生えている。
 大きさにはかなりの個体差があり、カサの鱗片の粗い小型のものや、カサの直径20センチを超える大きなものまである。
月間MVP 2018/10
2002/8/23
富士山北麓
2005/8/6
富士山南麓
2005/11/13
高麗山
2006/5/3
高麗山
2006/7/30
富士山南麓
2007/5/13
高麗山
2007/7/22
津久井城山
2008/5/6
高麗山
2008/8/16
富士山南麓
2008/10/19
高麗山
2009/8/22
富士山南麓
2011/10/18
生駒山麓園
2014/8/15
大和葛城山
2015/9/26
京都愛宕山
2018/10/7
くろんど池