サンコタケ
2003/6/15 神奈川県横浜市・新治市民の森
 「サンコ」とは「三鈷」と書いて密教で使われる仏具の一種で、確かに形がよく似ている。子実体の色には2系統あって、よく見られるのは黄色〜オレンジ色のもの。もう1系統は紅色系で、これはまれでまだ見たことがない。腕の数は3〜4本が普通で、時には6本もあるとか。
 内側に悪臭を放つ黒い粘液(グレバ)があって、ハエなどがとまって脚や体についた胞子を遠くへ運んでくれる。腹菌類に多い虫媒型のきのこだ。時に何十個と群生していることがあって、あたり一帯に異臭が漂っていることがある。
 下の写真右は直径1センチあまりの幼菌で、すでに「サンコ」の原型ができている。
月間MVP 2013/08
 
2003/6/15
横浜市新治
2003/7/19
富士山東麓
2004/10/11
横浜市新治
2007/9/1
富士山南麓
2009/7/12
静岡沼津市
2011/6/19
むろいけ園
2012/8/12
大台ケ原東
2012/10/14
けいはんな
2013/7/15
三重上野園
2013/8/4
生駒山麓園
2016/7/3
くろんど池
2016/7/17
生駒山麓園