シワカラカサタケ属
2006/9/24 神奈川県横浜市・四季の森公園
 これは観察会で採集されたものだったが、初めて見る種類でまったく名前が分からなかったので撮影しておいた。後日、検鏡の結果シワカラカサタケ属だということが判明した。
 それにしても、太いしっかりした柄やビッシリ並んだ極めて密なヒダは、同属のどの種類にも似ていない。カサの表面が赤褐色の微粉状であり、ツバ(内被膜)の下側に同じ色の鱗片が付いているという特徴は本属によく見られる。記憶に留めておきたい不明種だ。