シワカラカサタケ
2007/10/13 静岡県富士宮市・富士山南麓
 カサの直径は3〜4センチの小型きのこだが、とても分かりやすい特徴がある。黄土色から橙褐色のカサに放射状のシワがあり、全体に微粉を被っている。柄には脱落しやすいツバがありそれより下には柄より明るい色の鱗片がつく。
 モミなどの針葉樹林の地上に生えて、苔の間に点在していることがよくあるので、とてもいい被写体になってくれる。
 食菌とされているがややボリュームに欠けるので、メインの狩り対象にはならないだろう。
2002/10/12
富士山南麓
2004/9/4
富士山南麓
2005/6/18
富士山南麓
2007/10/13
富士山南麓