スギヒラタケ
2007/10/12 長野県軽井沢町・野鳥の森公園
 スギの切り株や枯木に、真っ白なヒラタケ型のきのこが生えている。味に癖がなく歯ごたえもなかなかいいので、味噌汁の具などに最適のきのこ・・・だったのだが、平成16年の夏から秋にかけて東北〜北陸〜山陰地方を中心に、19人もの死亡者を出した原因として疑われた。主に共通していることは腎臓疾患があり人工透析などを受けていた人が、スギヒラタケを食べたことで急性の脳症を起こしている点。
 異常気象などによる突然変異の可能性は、発症が広範囲なので考えにくく、もともと特異な有毒種だったものが因果関係が判明したのではないかと考えられている。
 いずれにしろ、本種を食用にすることは止めなければならない。
※2014年10月、秋田県で10年ぶりに中毒者が出たが、腎臓疾患などの持病はなかったとのこと。
2011/9/25
大台ヶ原東
2012/10/21
神戸修法原
2013/11/3
大和葛城山
2016/11/3
大和葛城山