スギカワタケ(青木氏仮称)
2009/2/15 神奈川県平塚市・高麗山
 スギの倒木や間伐材に白〜褐色のカサを広げる種類で、通常カサ径1センチ程度だが時に3センチほどになることもある。カサの表面はツヤがなくなめし皮のような感じで、肉薄だがもろくはない。ヒダは柄に垂生し強い脈連絡が見られる。柄はカサの中心からずれる場合もある。珍しくないきのこだと思うが未だに仮称のままのようで、別名スギシロホウライタケとも仮称されているようだ。
 なお、冬期に発生するものは「フユノスギカワタケ」として分けて仮称されているらしい。今まで見たものはすべてこれなのかも知れないが、相違点を知らないのでこのままにしておく。
2001/4/22
高麗山
2003/2/9
高麗山
2003/3/2
横浜市新治
2005/1/30
高麗山
2008/2/17
高麗山
2009/2/15
高麗山
2009/3/14
21世紀の森
2010/1/17
高麗山
2010/2/27
大和市泉森
2010/3/21
伊豆国浮橋
2010/9/11
高麗山
2012/3/17
大和民俗園
2014/1/4
矢田遍路道
2014/3/8
伊賀上野園
2015/3/29
矢田遍路道