テングタケ属sp.
2012/7/7 京都府精華町・けいはんな記念公園
 写真の成菌で高さが6〜7センチで、テングタケ属としてはやや小型。カサ表面は明るい灰褐色で周縁部にわずかな条線があり、灰色の綿くず状のイボを付けている。柄は白くて下へ太くなり、中ほどに灰色に縁どられた膜質のツバがある、根元にはツボがなくて、カサのイボと同じ灰色の鱗片をわずかに付けている。
 ヒメコナカブリツルタケに似た雰囲気のきのこだが、しっかりツバがあるので同定できなかった。キリンタケ節になるのだろうか。
 
2012/7/7
けいはんな