テングタケ
2005/9/18 神奈川県横浜市・新治
 近年になってテングタケが2種に分けられた。針葉樹林内などに多い大型でカサのイボが角錐状の粒になるタイプを「イボテングタケ」として、別種として扱うことになったらしい。で、雑木林や広葉樹林内の小型のものがそのままテングタケとなった。もう一つの相違点はツボの形だ。本種は写真のように厚みのあるしっかりしたツボをもち、イボテングタケは柄の根元にリング〜襟状の環が数個付く。
 ただ、カサのイボの形状には変異があって、どうも2種の外見的な相違点も少しあやふやに感じる。いずれにしても代表的な毒きのこには違いなくて、毒性は外見に反してベニテングタケより強いとされる。
月間MVP 2012/07
 
2001/9/9
厚木市七沢
2002/7/14
新潟長岡市
2003/7/12
富士山北麓
2004/7/10
長野松原湖
2005/9/18
横浜市新治
2008/9/14
横浜市新治
2008/10/4
逗子神武寺
20101010
横浜市新治
2011/6/18
三重上野園
2011/6/26
大和民俗園
2011/10/2
市大植物園
2011/10/23
大和民俗園
2012/6/30
奈良大渕東
2012/7/7
けいはんな
2012/7/14
三重上野園
2012/10/13
大渕池園西
2013/7/5
大和民俗園
2015/6/27
矢田遊び森
2016/7/3
くろんど池
2016/9/24
山添神野山