チズガタサルノコシカケ
2012/3/3 奈良県大和郡山市・矢田山へんろ道
 かなりの珍種なのか、手持ちの図鑑では「フィールドブックス」(ヤマケイ)だけに載っていて、ネットで調べてもほとんどヒットしない。名前が愉快なので図鑑で見た時から気になっていた。地図のような形だから「チズガタ」・・・とても分かりやすいが、これまで見る機会はなかった。
 幅の狭い黒色のカサを作るのでサルノコシカケの名前が付くが、分類としてはウロコタケの仲間になる。一見すると微細な管孔のように見えるが、ルーペで見ると細かな突起が密生していて、オロシタケによく似ている。
 2015年1月に奈良の高円山で見つけた本種は、まさに名前の通り日本地図に似た姿をしていて驚いた。極めて珍しい偶然に違いない。
月間MVP 2015/01
 
2012/3/3
矢田遍路道
2014/3/16
矢田遍路道
2015/1/24
奈良高円山