チャヒラタケ(近縁種)
2006/5/21 神奈川県平塚市・高麗山
 チャヒラタケ科の代表的な種類だというのに、今までいい写真が撮れてなかった。いつもいい状態を見つけるのはクリゲノチャヒラタケの方で、白く見えるカサもルーペで見ると褐色の毛が生えていた。
 これは白くてやや透明感もあり、表面にははっきり条線が見える。基部には白い毛が密に生えて、最初はヒダも白い。やがて褐色の胞子が落ちてカサの上に積もるので全体が茶色になる。種名はこの状態の外見から付いたものだろう。
 
※城川先生によりチャヒラタケそのものではないだろうとご指摘いただいた。チャヒラタケ科のグループは同定がたいへん難しいとのことだった。