ウバノカサ近縁種
2013/12/15 奈良県生駒市・くろんど池
 カサの直径1〜2センチの小型菌が、コケの地面に散生していた。ヒダが極端に垂生していて、いかにもヌメリガサ科のきのこらしい。カサと柄が灰褐色なので「ウバノカサ」が最も似ていると思われたが、検鏡の結果は「モドキ」が付く方とも違い胞子サイズが大きいとのことだった。
 乾いているため、カサも柄もほとんどヌメリを感じなかった。
2013/12/15
くろんど池
2016/11/27
大和民俗園
2017/11/19
大和民俗園