ウコンクサハツ
2013/9/23 奈良県御所市・大和葛城山
 ウコンハツによく似ているが、カサ表面が黄色い微粉状で柄の上部は白い。キナコハツという仮称も当てられていたが、よく特徴を表していた。成菌になると黄色からやや褐色を帯びるようになる。
 撮影当日はウコンハツとして掲載したが、後日、柄が白いことなどから本種だと分かった。
 
2013/9/23
大和葛城山