ワサビカレバタケ
2005/8/13 山梨県鳴沢村・富士山北麓
 地上に降り積もった落葉を分解するきのこで、白い菌糸のマットを作って生える。カサは肉薄でツヤがなくなめし革のような感じで、放射状のシワがある。柄は強靭で黄色味があり、細かな毛で覆われる。
 名前にワサビが付くのだから肉は辛いのだが、それほど強烈ではなくやや辛味を感じるという程度。柄の下の部分が曲がることが多いのも見分けるポイントになる。
2007/9/2
横浜市新治
2012/8/18
山添神野山
2013/10/12
矢田子供森