ワタカラカサタケ
2009/8/30 静岡県富士宮市・富士山南麓
 キツネノカラカサによく似ているが、ツバが明瞭には残らないこと、柄の下部に綿くず状の鱗片を付けることで見分けられる。よく綿くずの表面に、褐色のうろこ状の被膜を付けている。カサの表面もキツネノカラカサに似ていて、褐色の鱗片がじ放射状にひび割れて広がる。
 下の写真右は2008年8月に青森県の梵珠山で見付けた幼菌で、当日は同定ができなかった。柄の下部にうろこ状鱗片が残る様子がよく分かる。
 
2004/9/4
富士山南麓
2004/9/20
富士山西麓
2008/8/31
青森梵珠山
2008/9/6
高麗山
2009/8/30
富士山南麓
2011/8/13
大阪四条畷
2011/8/28
かいがけ道
2013/9/23
大和葛城山
2014/10/25
山添神野山
2016/9/19
けいはんな
2017/10/8
山添神野山