ザラツキキトマヤタケ
2011/6/18 三重県伊賀市・上野森林公園
 小雨の中で見つけたが、カサの表面のざらつきは観察できた。アセタケ属は顕微鏡下でも同定困難と言われるため、肉眼だけなら全種に「?」が付いてしまうが、最大限に各部の特徴を見て本種とした。
 柄の長さに比べてカサ径が大きく、平開して中央がやや窪むものが多かった。表面はほぼ全面均一に細かなささくれが見られた。
 *種名を誤って掲載していた。「ザラツキ--トマヤタケ」が正しく、「」を1つ落としていたので訂正した。なお、「ザラツキトマヤタケ」という種も存在するが、現状で画像等の確認ができない。また、新菌類図鑑(機P213)では種小名が、「トマヤ(苫屋)」ではなく「トヤマ(富山?)」になっている種がいくつかある。誤記なのだろうか。
2011/7/30
けいはんな
2014/6/22
けいはんな
2016/6/18
けいはんな