今日はどこまで行ったやら・・・

                                                
過去の『きのこ探して』  2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
 2018

2018年
 9月24日(月・振休)

矢田山子どもの森
奈良県大和郡山市
 晴れるのは昨日だけとテレビで言ってたのに、今日も朝からよく晴れている。普通の行楽ならこれは喜ぶべきなのだが、きのこ撮影が目的ではあまり嬉しくない。
 駐車場を出るといきなり、草むらに大型の白いきのこがたくさん生えている。やはり今はハマクサギタマゴタケがピークだと思ったが、よく見るとカサの条線がない。これはアケボノドクツルタケだった。
 そのすぐ近くで灰色のテングタケ属が群生していた。ヘビキノコモドキに似ているが、黒い鱗片がない。ここではキリンタケ近縁種としておく。
 そのすぐ先に出ていたのがヘビキノコモドキで、これにははっきり黒い鱗片がある。
 斜面からキイロイグチの成菌が出ていた。まだ被膜に覆われた幼菌は分かりやすいが、成菌はあまり見慣れていない。
 大きくカサを開いたミドリニガイグチが出ていた。梅雨明けの頃から出始めて、今頃まで見られるシーズンの長いきのこのようだ。
 崖の岩の間からキクバナイグチが出ていた。これは3種に分かれた中の、純正キクバナイグチだ。
 次はあまり見かけないイグチで、カサが淡い褐色で柄が黄色い。柄に褐色のシミがあるのでこれはウスキニガイグチで良さそうだ。
 今日はこの森のいたる所で群生しているイグチがあった。ヌメリコウジタケだ。鮮やかな黄色の管孔が特徴だ。
 大きなテングタケの仲間が並んで立っていた。なかなか迫力のあるスオウシロオニタケだ。
 きれいな栗褐色のイグチがあった。フモトニガイグチだ。クリイロニガイグチと同種らしいので、情緒のある方の名前で扱うことにする。
 スギ・ヒノキ林に近い地面から、きれいなオニイグチが数本出ていた。管孔がまだ白い本種はなかなか見られない。
 黄色い幼菌を見つけた。これで同定するのは無理があるが、この柄の色と群生の仕方からキニガイグチだと思った。
 【前言撤回】一晩寝て考えた(?)結果、やはりこれはシロテングタケの幼菌のようだ。ずいぶん小さいが・・・。
 短時間で切り上げたが、森の中はただいま「爆生中」で、たっぷり汗をかいてしまった。
2018年
 9月23日(日・祝)

大和葛城山
奈良県御所市
 暦ではもうそろそろ暑さが終わる・・・というお約束だが、今日は晴れて暑くなりそうだ。そこで、気になっている山へ行ってきた。
 ロープウェイを降りてすぐに目に留まったのは、小さなアカエノズキンタケだった。どれもまだ柄が短くて撮りにくかった。
 次に見つけたのはてっきり、標識の赤い杭だと思った。近づいてみるときれいなタマゴタケだった。少し離れた場所では10本ほどが群生していた。
 以前にも見つけたことのあるポイントで、大きなハタケシメジを見つけた。見落としそうなほど地味な色だが、まだ鮮度はいい方だった。
 台風でブナの幹がいくつも折れていたが、そこにツキヨタケが群生していた。本種を見るのは大台ケ原山以来だ。
 ここでよく目にする色の薄いチチタケが、数本だけ出ていた。ヒダが密なのでヒロハチチタケではない。
 ガンタケもこの山でよく見かけるが、今日は2ヵ所で幼菌を見つけただけだった。
 クマザサが茂る斜面に、ヌメリハツがまばらに数本生えていた。ヌメリが強いので、カサのごみは簡単に指で取り除くことができた。
 次もヌメリのあるきのこで、ワイン色のカサがきれいなヌメリニガイグチだ。柄には隆起した縦長の網目がある。
 材上に黄色い粒がたくさん出ていた。よく見るとまるでヌルデタケのような形だ。これはタテガタツノマタタケだ。
 下界に降りるとそこはまだ真夏だった。朝、来る道で見かけたハマクサギタマゴタケを撮って、帰路を急いだ。
 山の上もまだ秋らしいきのこは見つからなかった。10月にならないとダメかな?
2018年
 9月17日(月・祝)

神野山・木工館下
奈良県山添村
 昨日の観察会、平地でこんなにきのこが出ているなら、山ではどうなのだろう・・・。とても気になるので、神野山へ向かった。
 車を停めて降りると、すぐ横にタマゴタケが立っていた。残念ながらかなり小型で迫力不足だが、なかなか幸先の良いスタートだ。
 付近にはウスキテングタケも散生していた。少し離れて、いい形の幼菌も見つけた。
 苔むした岩の下から、赤褐色のカサが出ていた。柄に独特の脈が見える。これはクリカワヤシャイグチだ。
 森に入ると、あちこちにやや大型のきのこが出ている。気を静めてまず、ハイイロオニタケから撮影を始めた。
 次はかなり大きい。薄暗い森の中でシロテングタケがやたら目立っていた。迫力満点のきのこだ。
 広い範囲でオクヤマニガイグチが出ていた。念のために管孔が変色しないことと、とても苦いことを確認した。
 すると、ちょっと雰囲気の違う1本を見つけて撮影。管孔を爪でこすると変色した。こっちはコビチャニガイグチだった。
 きれいな姿の白い幼菌を見つけた。カサのイボや柄の下部が褐色を帯びているので、シロオニタケモドキだと思った。しかし、よく観察するとこれはスオウシロオニタケだと分かった。
 山道にとてもよく目立つウコンハツが出ていた。ローアングルが森の緑によく映える。
 最後は、毎年この場所で見ているムラサキアブラシメジモドキ。腐朽の進んだ切り株の周囲に、数本が出ていた。
 やはり、平地とは顔ぶれがかなり違う。きっとたくさんあるだろうと思っていたフウセンタケ属やホウキタケ属は、見つけることができなかった。
2018年
 9月16日(日)

くろんど池観察会
奈良県生駒市
 田んぼの畔にはもうヒガンバナが咲いている。やっと秋になったかと思ったが、森の中ではツクツクボウシの大合唱が聞こえる。まとまった雨も降ったので、今日のくろんど池は「夏」と「秋」のきのこが競い合うように出ていた。
 まず、集合場所の公園では大きなヤマドリタケモドキの群生があり、その後の池の周囲でもたくさん見ることができた。
 「夏きのこ」のアカヤマドリも、今ごろになって幼菌が頭を出していた。
 その後いくつかの種類を観察して、今日もっとも期待したソライロタケにも出会うことができた。何度見ても「きのこらしからぬ?」きれいなスカイブルーだ。
 やや珍しいはずのオオミノクロアワタケが、今日は広い範囲で「これでもかっ!」というくらいたくさん出ていた。
 その近くにはチチアワタケの幼菌が出ていたが、本種も今日はいたる所で大群生を見ることができた。
 種々のテングタケ属も見られたが、このアカハテングタケの幼菌がきれいで印象的だった。
 本家のテングタケもいい状態を見ることができた。傷みやすいきのこなので、カサのイボがそろった写真がなかなか撮れない。
 太い落ち枝の下に、久しぶりに見るベニウスタケが出ていた。この鮮やかなオレンジ色も魅力的だ。
 斜面の上に立つ柄の長いきのこが気になった。これも久しぶりに見るオオヤシャイグチだ。
 と、ここまでが昼めし前に見たきのこ(の抜粋)。午後は晴れて暑くなってきたので、気持ちは仕上げのアイスに飛び始めていた。
 それでも、このきれいなコンイロイッポンシメジはパスできない。まだヒダがピンクになってない新鮮なものだった。
 最後は初めて見る種類。「北陸のきのこ図鑑」に載っているイロガワリキツネノカラカサ(仮)と同定された。
 たくさんアップしたが、これでもかなり思い切った選別をした。終盤に軽い熱中症にでもなったのか、かなり疲れ切ってしまった。それでも、たっぷりのきのこを満喫するのは実に久しぶりで、とても楽しい一日だった。
2018年
 9月 9日(日)

矢田山遊びの森
奈良県大和郡山市
 初め大阪・四条畷市の「むろいけ園地」へ向かった。ところが、園内は土砂崩れや倒木のため閉鎖されていた。やはり大阪では台風の影響が大きかったようだ。そこで、地元に戻って矢田山を歩いてきた。
 歩き始めてすぐにいい被写体があった。初めは色の薄い「ナカグロキツネノカラカサ」だと思った。ところがツバの様子や幼菌の色などを見ると、赤みの弱いアカキツネガサのようだ。
 その近くに、大きなイグチが出ていた。管孔や柄が黒っぽいのでウラグロニガイグチだと分かったが、こんな大きいサイズは久しぶりだ。
 草に隠れるように小さなきのこが出ていた。近くにももう1本あって、ヒダを見るとイッポンシメジ属だと分かった。
 最後は芝生広場に群生していたシバフウラベニタケだ。草の緑と鮮やかなオレンジ色がいいコントラストだった。
 風がやむと急に蒸し暑くなる。まだ気温が「真夏日」に達しているようだ。
2018年
 9月 8日(土)

太陽が丘公園
京都府宇治市
 よくもこう連続して自然災害が起こるものだ。各地で風速の記録を塗り替えた台風21号は、関西国際空港まで水没させてしまった。その後、北国にも大雨を降らせたと思ったら、その直後に震度7の大地震。地球に向かって「もう勘弁してくれっ!」と叫びたい気分だ。
 4日に雨が降ったから少しは好転しているだろうと、期待して歩き始めた・・・が、園内は枝や落ち葉が散乱して、とても荒れた印象だった。
 最初に目に留まったのは直径3センチほどの、ニセショウロだと思ったきのこ。ところが切断してみると、これがなんとコツブタケだった。
 ほとんど何も見当たらない中で、やっと見つけたのは小型のハラタケだった。
 アカカバイロタケだろうと思ったきのこも、ヒダを見るとどやらアイバシロハツのようだ。
 最後は枝が散乱する森の中で、1本だけ出ていたナカグロモリノカサだ。
 湿度が100%近いので、歩くだけでもとても疲れる。爽やかな秋が待ち遠しい。
2018年
 9月 2日(日)

大和民俗公園
奈良県大和郡山市
 午前は晴れて気温が高く、午後はゲリラ豪雨が来るという、典型的な夏の終わりの天気になってきた。ちょっと暑いのは我慢して、晴れているうちに近所の公園を歩いてきた。
 歩き始めるとすぐにきのこがないことが分かった。やっと見つけたのは、何とも迫力のないアメリカウラベニイロガワリだ。
 直射日光を全く気にしてないのはマンネンタケだが、すでに古くて管孔面はボロボロだった。
 次に撮ったのはツチグリの幼菌。これを撮るということはすでに諦めモードに入った証しだ。
 ところがその先の落ち葉のリターで、思いがけないシーンに出会った。菌輪を描いているようなツブカラカサタケの群生だ。
 そしてその先には、初めて見るフクロタケのきれいな成菌が立っていた。めったに出会えない種類のいい写真が撮れて、出かけた甲斐があったと満足した。
2018年
 9月 1日(土)

上野森林公園
三重県伊賀市
 9月になった。さすがにもう猛暑日にはならないだろうと、奈良県北部のこの夏の「猛暑日」を数えてみた。7月3日が最初で、その数なんと35日。圧巻は7月13日からの連続14日間だ。雨の日は数えるほどもなかったので、きのこに限らずすべての生き物に大きなダメージを与えたに違いない。
 さて、気を取り直して雨の中を遠征。最初に見つけたのは白っぽい小型菌だった。よく見るとこれは色の薄いヤマジノカレバタケだった。今あちこちでたくさん出ている。
 形のいいベニタケの仲間を見つけた。付近に老菌もあって、調べるとニオイコベニタケのようだ。
 そのすぐ傍の木に、明るい褐色の硬質菌が出ていた。撮りながらしばらく名前が分からなかったが、きれいに揃った管孔を見てウズラタケらしいことが分かった。
 スギの多い森に入ると、1本だけハラタケの仲間が出ていた。雨のせいでひどい泥汚れだったので、採取してヒダを観察した。どうやらハラタケモドキのようだ。
 その先にヌメリの強いイグチが数本出ていた。これはヌメリコウジタケだ。幼菌もあったのでアップで撮影した。
 それを撮りながら枯葉に埋もれた白いカサを見つけた。これは歩いていては見つからなかっただろう。枯葉を取り除くとチギレハツタケが姿を現した。
 最後は大きなきのこ。カサの直径15センチのヤマドリタケモドキだ。少し離れてもう1本あった。
 今回の雨はかなりの雨量なので、きっとたくさんのきのこが息を吹き返すと思うが、その先に台風21号が迫ってきている。どうかお手柔らかに願いたい。
 【お知らせ】横浜の「四季の森公園」で、恒例のキノコ写真展が開催されています。今年のテーマは「不思議な形のキノコたち」で、私も出展しています。ぜひそのユニークな姿に驚いてください。9月30日(日)まで。

           pagetop
GALLERY きのこのこのこ 自選・月間MVP展 写真資料館 面白ぎゃらりぃ 菌談の筐 リンク集